便利な飲み薬

many type of medicines

性器カンジダは、女性の場合はヴァギナ周辺に激しいかゆみがあり、痛みもあり、しかもネトネトしたヨーグルトっぽい形状のおりものが出てくるというので、なかなか症状的にも見た目的にも厳しいところがあります。性器カンジダになってる!と気づいた時には目の前が真っ暗になってしまうという感じだと思います。
しかし、思いつめる必要はありません。婦人科のクリニックに行けば治療をしてもらえます。有効な薬をもらうことができるので、説明を聞いたうえで、それを守って使うようにしましょう。
また、別の記事で詳しく説明していますが、今では性器カンジダの治療に有効な薬は病院で処方してもらうだけでなく、自分で購入できます。
「カンジダはつらいケド、病院に行くヒマがないょ」という場合には、自分で購入する方法が便利なのです。

いずれにせよ、病院でもらう薬も自分で買える薬も、のみやすいものになっています。
かつては軟膏タイプの塗り薬もあったのですが、現在では飲み薬が主流です。現にかゆみや痛みがあり、おりものが出てきているヴァギナに塗り薬を塗る、というのはあまりゾッとしない行為でしょうし、塗り薬を付けた手が清潔じゃなければ、雑菌を患部にこすりつけてしまうことにもなりかねません。一方、飲み薬なら簡単に飲むだけなので、より楽な気持ちで治療をしていくことができるのです。飲み薬を服用すれば、大体1週間以内には症状は落ち着きます。症状が軽ければその分、治りは早いので、「変だな」と思ったらすぐに薬を用意することをオススメします。