薬の購入方法

vial and drugs lying around

病気になったら病院へ。診察を受けて薬の処方箋を書いてもらって薬局へ。そこで薬を用意してもらって、あとは用法用量を守って飲む、ということになります。
性器カンジダを治療するときも、あるいは男性のハゲを治療するときも流れは同じです。
ちなみに、男性のハゲを病院で!?と不思議に思う人も多いでしょうが、それは事実です。AGA(男性型脱毛症)の診察や治療をしてくれるクリニックがあるのです。
一方、性器カンジダの場合は、婦人科の病院で診察をしてもらい、処方箋を書いてもらうことができます。
しかし性器カンジダの薬を手に入れる方法はそれだけではありません。インターネット上の通販サイトを通じて薬を取り寄せることができます。
ネット上の通販サイトで販売されているカンジダの薬は外国製のもので、日本の医師が書く処方箋はなくても購入できます。「法律的に大丈夫なのソレ?」という不安もあると思いますが、大丈夫です。通販を利用して外国製の薬を購入することは、「自分が使う」ということを条件に法律で認められています。つまり自分のカンジダを治すために、自分で購入するという流れになるわけです。このルールをしっかり守りましょう。
また、一度カンジダになってしまうと、カンジダ菌が増殖しやすくなって、いったん治したのにまた発症してしまう、いわゆる「再発」ということが起こってしまう場合があります。そのようなことも考えられるので、すぐ使えるように常備薬を購入するつもりで通販を利用すると便利です。